投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


friitilariiflorum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年12月28日(水)13時24分19秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、ご無沙汰いたしました。

温室内は超満員状態。花が咲いていても取り出して撮影するのが
不可能に近い。
無理をすれば周りに影響があり、来月の蘭展(二ヵ所)のために
じっと我慢。

米松の皮に付けてから10年以上、昨年までは途中でアウト。
湿度を保てるようにしてからやっと咲きました。
 

御無沙汰しております

 投稿者:吉井  投稿日:2016年12月 4日(日)13時16分19秒
返信・引用
  徳田さん、皆さんこんにちは。

PCの調子が悪く、仕事以外ではほとんどwebを見なくなって
しまいました。

Bulbは、忙しいながら何とか維持している感じです。

再挑戦でやっと咲いた二種類を貼らせていただきます。
 

従兄弟です

 投稿者:murakami  投稿日:2016年11月 8日(火)12時42分10秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんにちは。

今朝の最低温度は7℃、午前中になんとか収納を終わりました。
Santa Claus ' Matou '( Elizabeth Ann × fascinator )BM/AJOS と
Lovely Elizabeth ' Misaki Knight '( Elizabeth Ann ×rothschildianum )
が咲いていました。従兄弟です。
 

lobgibrachiatum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年11月 7日(月)23時41分15秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんばんは。

longibrachiatum が2個体ありますが、現在開花している株は過去に6輪着花したのが
最高でした。今年はなんと9輪着花、あと1花茎はまだ蕾が小さく確認できません。
 

brevibrachiatum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年10月24日(月)09時03分49秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、おはようございます。

brevibrachiatum が咲いていました。台風への対応でハウス内に入れたままでした。、
ほとんど出したのですがハウス内に残っていました。(サボった結果です)

水遣りの時に気がつきました。

 

wallichii

 投稿者:murakami  投稿日:2016年10月15日(土)16時29分18秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんにちは。

Bulb. wallichi が咲きました。
予期せぬ時期に咲いてしまいました。
たぶん他のバルブは1月に開花するはずです。
 

annandalei

 投稿者:murakami  投稿日:2016年10月11日(火)07時44分39秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、おはようございます。

Bulb. annandalei 'α'が咲きました。
非常に花あがりがいいですね。
 

longilabre

 投稿者:murakami  投稿日:2016年10月10日(月)10時05分29秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんにちわ。

涼しいを通り越して肌寒いですね。
暖房の季節が近づいてきましたね。
原油価格が 50$ を超えたとか、灯油価格が心配です。

吉井さんからいただいた Bulb. longilabre がやっと咲きました。
株に比べて腸おきな花が咲きました。
 

brevibrachiatum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 9月29日(木)11時41分25秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんにちわ。

brevibrachiatum が咲きました。
節間がもう少し短ければいいのですがね。
 

Jia Ho Golden Umbrella

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 9月28日(水)16時39分13秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんばんわ。

Jia Ho Golden Umbrella ' No.1 '、' No.2 '、' No.4 ' が同時に咲きました。
兄弟ですから似ていて当たり前。それぞれ趣は違います。
上から' No.1 '、' No.2 '、' No.4 ' です。
 

aestivale

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 9月24日(土)20時43分45秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんばんわ。

台風接近との予報のたびに、外に出してある株を温室内に、
入りきらないものは車の中に、延べ5時間の大作業。
格納したものは運び出さなければ、これも延べ5時間。

今年は既にこの作業を5回、すべて無駄な作業だった。
花が咲いていても写真も撮る気にならず黙々と作業。
今日になってカメラを片手に雨の合間に撮影したのが
aestivale 小さいのと、黄色のためやっとこさ写せた。
 

makoyanum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 8月 8日(月)13時16分48秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんにちわ。

makoyanum が咲きましたが NS 60mm、通常の個体の二倍弱。
大株に仕立てたいと思っています。
 

catenulatum

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 7月30日(土)23時54分42秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、こんばんわ。

catenulatum が咲いていました。
あまりにも小さくて気づくのが遅れました。
ラベルの幅が 18mm ですから。
 

Jia Ho Golden Umbrella ' No.2 '

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 7月21日(木)00時16分5秒
返信・引用
  徳田さん、皆さん、こんばんわ。

lepidum × mastersianum 2013年に登録された Jia Ho Golden Umbrella
が咲きました。
花命は 3~4 日、もう少し長いといいのですが
 

Perseus

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 6月30日(木)08時17分15秒
返信・引用
  続けてご覧ください。

2009年に登録された Perseus( Bulb. cercanthum × Bulb. mastersianum )です。
2012年に台湾にて入手、再交配と思われるものが大量に咲いていました。
花の大きなものを選んで5個体持ち帰り調べた結果 Perseus と判明しました。
 

SP 154

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 6月30日(木)07時12分46秒
返信・引用
  徳田さん、みなさん、おはようございます。

京都の高橋さんから入手したSP 154が咲きました。
NS 18 × 25 と小さなかわいい花です。
 

levanae 'Yellow Angel'

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 5月27日(金)04時43分4秒
返信・引用
  徳田さん、吉井さん、みなさん、おはようございます。
PC の調子が悪く、最後の手段としてリカバリに、途中から手に負えずプロに委託することに。
画像とドキュメントはバックアップを取りましたが、メールアドレスを失念。
リカバリ後の対応(蘭園情報等々の調査、お気に入りへの登録)をしている最中にWindows 10
への強制切り替え。マイクロソフトのサポートセンターへの連絡が大混雑で Windows 7 へ戻す
のに数日を要しました。
何やかや約一ヶ月が経過してしまいました。
吉井さん、池上さん、川村さん、お手数をおかけしますが私宛にメールをください。

そんな中、ランランちゃんは勝手に咲きまくっていました。
この個体は台湾の趣味家から入手したもので珍しい色合いをしています。
 

nasseri

 投稿者:吉井  投稿日:2016年 4月10日(日)09時52分19秒
返信・引用
  徳田さん、murakamiさん、こんにちは。

murakamiさん、赤プロペラの情報、有難うございました。
池戸さんの調査をお待ちします。
ネット上の画像ですとtripudiansも色々有って、判断難しいですね。
DNA解析とかしないと、分からない感じです。

家では、昨年のドームで池戸さんから購入したnasseriが咲きました。
このSECTIONの花は好きじゃないものが多いのですが、これは色も
咲き方も結構好みに合ってます。
 

ありがとうございました

 投稿者:吉井  投稿日:2016年 3月12日(土)10時18分25秒
返信・引用
  murakami様、お早うございます。

植え替えシーズンに丁度良いご連絡、大変有難うございました。
調べてみます。

ヘゴが手に入らないので、過去に植え付けて直ぐに枯れたもの
など、使用済みヘゴを投げ込みヒーターで煮て、再生しようと
計画しておりました。

 以前お話した、葉長40㎝位で花芽が付いた自称fletcherianum
が開花しましたが、予想通りの奴(orthosepalum)でした(笑)。

 このタイプは、花が小さくて(セパル長5cm位)花茎の長い
タイプと今回貼らせて頂いたように花が大きくて(セパル長
8㎝超)花茎の短いタイプがあるように思います。

 筑波植物園さんがhashimotoiとして発表された論文は、
セパル長6㎝までになっていますので、この前者のことを
書かれていると思いますが、hashimotoiは、キューでは
シノニムになっていますので、この両者は個体変異程度
の扱いなんでしょうね。



 
 

Re: SP 115

 投稿者:murakami  投稿日:2016年 2月21日(日)22時17分5秒
返信・引用
  > No.1706[元記事へ]

岩さんへのお返事です。

ドームで吉井さんからも同じ答えをいただきました。
ありがとうございました。
日替わりで雨が降ってくれると花粉症にはありがたいのですが、
昨日の雨で楽をしたのに晴れると憂鬱になります。
杉・桧の花粉が落ち着いた頃浜松まで注文品を受け取りに行く
予定でいます。
ご一緒に如何ですか?
 

/72