teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


久しぶりの投稿

 投稿者:ほっしゃん  投稿日:2012年10月11日(木)03時12分33秒
返信・引用
  妊娠したのは↓の2~3ヶ月後くらいか。いまは3人家族だよ!下のお方へ。  
 

ツイッター

 投稿者:ほ・しの  投稿日:2010年11月23日(火)23時35分6秒
返信・引用
  でうまくこなせなかったので、こちらに逃げてきました!
でも、こんなこともしてる場合じゃないのです!

今書いてるなんとかかんとかを絶対に3月までに完成させるゾ!
 

ついたー

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年10月 7日(木)01時02分50秒
返信・引用
  はじめてみたけど、だみだ
なにがおもしろいのかわからん。。
晒し上げられた挙句、独り言を言ってるふりをする高度な演技を強要されてるようだ。。
しかも相手は無反応という悪夢。。。
どうやって楽しめばいいんだ。。
 

10/3

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年10月 3日(日)21時24分11秒
返信・引用 編集済
 







 

10/3

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年10月 3日(日)19時58分41秒
返信・引用 編集済
 

 

雑記

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年10月 1日(金)13時23分14秒
返信・引用 編集済
  こないだ電車に乗ったら隣の女性が夢に出てきた動物にそっくりのウサギを抱いてたの!
はげちゃったので、病院に行った帰りだって。
今日は晴れた!





 

雑記

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年 9月27日(月)13時04分32秒
返信・引用 編集済
  今日は雨なので岡崎京子など読んでみた。結婚して埼玉県じゃなく東京の吉祥寺のマンションで、読むとまた違う味わいがある。
岡崎京子にも出てくる、伝説のDJ、悟さんがこのはちゃんちのお隣さんとして現れるなんて誰が予想できただろうか。そして悟さんとは、うちの旦那さんにとって、あまりにも神様すぎた。
悟さんと、うちの旦那さんと、このはちゃんの彼氏と仲良くソファに並んで
サッカーの試合など見たところ、3人とも試合の始まる前から、ばっちし※※ってしまってサッカーどころではなかった。
だんなさんは「あ・・・」「そう・・・」「んと、・・・」てな感じでカチンコチンだった。

井の頭公園の自販機の裏の猫ちゃんたちにようやく会えた。成城石井で買ったよつば牛乳をぺろぺろすごい勢いで飲んだ。ミルクをあげていたら、きれいなおばちゃんが自転車であらわれて、※※※※を与えたら、もっとすごい勢いで食べた。おばちゃんはせまいアパートに、内緒で4匹猫を飼っているという。すごい猫好きだ。それに比べたら私なんて猫好きに入らない。

とこちゃんのママは今の日本の子たちが、一番センスがいいなんて言う。私はそうは思えない。わからない。。とこちゃんなんて高校生の時、※※※に心酔してたのに!
余裕で、たとえば、「ソプラノズ」の音楽係(それとも監督自身?)に負けているのに(というか勝負にならん)。彼らは世代も上だし、アメリカ人だ。

世の中にはフランス書院なんかにこっそり卑猥なポルノ小説を書きながら、優雅な生活を送っている奥様もいるのでしょう。はぁ~(心酔)
 

9/9雑記

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年 9月 9日(木)18時10分43秒
返信・引用 編集済
  平日のお休みを利用して久々すぎるほど久々に一人で六本木に来ました。ちょうど五年前くらいに足繁く通勤した場所です。ちょうど六本木バブルの頃でした。私は常にジーンズでしたが、道行くお姉さま方は煌びやかに颯爽としていて、あちこちと目が游ぐ場所です。
今日はマンレイ展に来たのです。キキとの同士的な関係より、うんと歳の離れたジュリエットとの夫婦愛にこそ胸が熱くなりました。マンレイの死後、ジュリエットがマンレイの墓に刻んだ「無頓着、無関心ではなく」という墓碑、そして、何年もたって、ジュリエットの墓には「togeather again」の綴りが。それにしても、それにしても、ジュリエットのポートレートには、実験精神以上に父が娘を見守るような愛情に溢れていて、胸を打つものがありました。
最後のドキュメンタリーは不要でした。中身はともあれ、右斜め前にいた女性がわざとらしくリアクション、それも声を出してして、しかもそのタイミングが絶妙に浅はかで腹がたってしょうがなかった。
それから、麗しのレイモン・ラディゲ様のポートレートを拝めたこと、そしてエマク•バキアという映像があまりにも美しくてうっとりしたこと、それから、ウジューヌ・アッジェのポートレートも素晴らしかったことを記念してカキコ。
 

9/4

 投稿者:ほしゅ  投稿日:2010年 9月 4日(土)16時41分35秒
返信・引用 編集済
  持ってるのかしらー?

九月だけど、暑いね。
今、モラヴィアの「軽蔑」という、
ローマとカプリを舞台にしたゴダールの映画みたいに光と影にあふれ、
登場人物の細かい動作を積み上げることで話の進む、映像的で、心理的で、美しく、眠くなる小説を読んでいます。
というか、ゴダールの「軽蔑」がすごく好きで、読みはじめたわけで、本当にゴダールが映画化しているのです。
青の種類がたくさんで、音楽が深くて、BBのはじけるように美しい裸体など素敵ですよ。
 

あわわ

 投稿者:大輔  投稿日:2010年 9月 4日(土)12時41分5秒
返信・引用
  オッケーすんません今度もってく!  

レンタル掲示板
/18